技術紹介 > テストツール研究
テストツール研究
 テストツール研究
 テストツール、テストカバレージツールを用い進捗チェックを行いながら、バグ発生を激減させ品質をあげる。
 自動化テストツールを使うと効率的な運用のための最適化が可能です。自動化の効果としては、工数の削減よりも品質の
  向上にもたらす効果が大きいと言えます。
  • 1.ホワイトボックス技法研究 
    • ソースコードカバレッジの測定

    • PCL静的及び動的の自動作成ツールを研究
    • テストケース、テストルートの把握・管理ツールの研究(分岐網羅、条件網羅)
    • 静的テスト確認、動的テスト確認、設計レビューの研究
    対応言語
     C、COBOL、JAVA、.NET(VB.NET,C#)

  • 2.テストデータ自動作成ツール研究
    • テストデータ作成ツール(自動作成)を使ってテストの品質と効率向上を実現するのが目的です。

  • * 条件分解
      複雑な計算式を分解する。
    * 同値分割と境界値分析
      同値分割は,有効値データと無効値データを与えて結果を確認する。
      境界値分析は,有効値データと無効値データの境界付近の値を与えて結果を確認する。
    * 一般化ルールデータ作成
    * 絞込み方法選択
      直交表(512種類)、Boolean図、All-pair、・・・・
    * 絞込みしたデータ作成
      テストチェックリストを作成し、テストデータを作成する。

  • 3.ブラックボックス技法研究 
    • 確認テスト自動化ツールを研究
    • テスト項目から自動化の適用効果の高いテスト項目を抽出
    • 自動化に適するテスト項目を研究
      繰り返しの動作が多いテスト…安定化試験、再現試験など
      集中力を持続できない時間の掛かるテスト…MAX試験、設定初期値確認試験など
      人が間違えやすい操作手順の難しいテスト…割り込み試験、シミュレータ連携試験など
    • 初回テストの内容を記録し、再テストでは自動実行・自動検証を実現

  •    自動化ツールの特徴や得意とするところ、あまり得意でないところを掴み、どこに自動化ツールを使うと効果的であるか考えま
     す。例えば単純な繰り返し作業は自動化に適していますが、複雑で繰り返しの少ない作業は自動化には適しません。対象のシス
     テムをよく見極めることによって、今後どのように自動化を今のテストに組み込んで行くかという方向性が見えます。

  • 4.テスト結果評価ツール研究 
    • テストの十分性の評価
      動的解析を使ってテストデータの実行範囲を特定し、静的解析による全ケースと比較することによりデータの有効性
        を調査する。
    • DB項目の影響範囲の特定
      DBの項目を追跡して業務のどこまで影響しているかを特定する。
    • データ項目の重要性の評価
      静的、動的影響範囲およびDB項目の影響範囲を調べてそれぞれのデータの重要性を評価する。
    • テストケース最小化の可能性を研究


  •        
Copyright © Wain Co. Ltd. All Rights Reserved.