ウェイン社のサービス紹介 (WATM™)
FlexからHTML5/Angular移行サービス

== Flex2.0、Flex3.0、Flex4.0を対応できるサービスを強力的サポートしています。 ==

Flexで開発された業務システムを移行すべきの理由


課 題(リスク)

Microsoftは2020年までにWindowsにおけるFlashのサポートを廃止する。
アドビシステムズ社は、2020年末でのFlash(Flex)サポート終了を発表しました。
Flexの脆弱性よりの被害、情報流出など深刻な問題。
ハードウエアやOSの多様化や、クラウド化、モバイル化の対応はできない。
今後開発技術者確保困難の問題

ウェイン社のFlexからHTML5/Angular移行サービスの強み


 弊社では、Flexで構築されたシステムをHTML5/Angularに移行するマイグレーションサービスを提供しています。
弊社独自の移行ツールを活用し、現行システムを高品質、短期間、高効率によって、正確に新システムへ移行できます
 そして、一般のやり方による移行作業と比べて、弊社のマイグレーションサービスを利用した場合、品質向上でき、コストも明らかに軽減することは実現できます、かつ旧言語をラップして新環境に乗せる方法ではなく、ツールにて完全的な言語変換です

  品質向上
  ・できるだけ、手動修正を避けて、人間的な作業ミスなどを減らすため、弊社独自のツールにてツール変換を実現に。
  コスト削減
  ・弊社独自のマイグレーションプロセスにより、大幅なコスト削減が可能です。
  リスクDOWN
  ・弊社独自調査分析手法により、変換リスク、手作業リスクを事前検知でき、できるだけリスクを最小化にすることは可能です。
  拡張性・セキュリティ
  ・旧言語をラップして新環境に乗せる方法ではなく、ツールにて完全的な言語変換により、機能拡張、保守をしやすい。
  ・HTML5(Angular)では、拡張性にも、セキュリティにも優れています。
  移行後の保守
  ・弊社独自の影響分析ツールにて、問題個所、改修箇所など影響分析は可能です。
  ・弊社独自のドキュメントツールにて、新ドキュメント(仕様書)も新システムから自動的に再作成できる。

<理由>

  独自の移行ツール群(WATM™)を持つ

  弊社独自のやり方にて、品質保証するため、、独自開発した「移行ツール群(WATM™)」を活用する。

  利用できるツール名 何をできる
 1. 調査分析段階  解析ツール
   
・対象資産を解析し、分析、可視化する。
・稼働資産、非稼働資産の明確化を支援できる(棚卸し)。
・対象プログラムの標準化の度合い/品質を分析できる。
・システム変更による影響範囲の特定が容易になる。
 2. 自動変換段階  自動変換ツール
   
・同言語変換、異言語変換は区別なし変換できる。
・画面自動変換できる。
・構造自動変換できる。
・他のソースを自動変換できる。
・自動変換より、品質も守れる。
 3. テスト段階(カバレッジ)  PCLカバレッジ検証ツール
   
・ソースコードよりテストケース自動抽出できる。
・抽出したテストケースを自動的に検証できる。
・人間的確認より、バグ発生を激減させ、品質向上できる。
・人でのカバレッジの工数削減より、品質向上に効果が大きい。
 4. テスト段階(現新比較)  RPA自動化テストツール
   
・AIにより、テストケース自動分析、作成できる。
・AIにより、テストデータ自動分析、作成できる。
・画面テストを自動的に検証できる。
・人間的確認より、作業量を激減させ、356D+24H自動動作できる。
・成果物もお客様側指定フォーマットに統一作成され、品質向上に効果が大きい。
※ 上記3番のカバレッジと同時に連動することは可能です。
 5. 保守段階  ドキュメント生成ツール
   
・既存資料がない場合、当サービスを利用できる。
・保守に向け、弊社解析ツールと合わせ利用すると効果が大きい。

  システム移行方針

  弊社は、OS変更、言語変換、もしくはマルチDB変更まで、完全対応可能です。
システム移行方針
   ※ 上記はイメージです。

  3rdParty製品、ユーザー独自コントロールの移行

  Grid部品、通信方式、データベースやブラウザの移行はマルチ対応可能です。
   ※ 移行先の3rdParty製品利用種類により、既存Flexと多少標準非互換があるので、ご注意が必要です。
   ※ 調査分析、移行設計結果により、新環境用代替製品に書換するか、Angularコンポーネントに書換するかを決められます。

  対応情報
 1.Grid部品  ・Wijmo(有料)、Ngxコンポーネント(無料)
 2.通信方式  ・AMF⇒JSON、AMF⇒XML、XML⇒JSON(現時点:JSONは主流通信方式)
 3.ブラウザ  ・IE11、Edge、Chrome、Safariなど、マルチブラウザ対応は可能です。
 4.データベース  ・既存DBバージョンアップ
 ・Oracle、SQLserver、Postgreなど各種DB間の移行は対応可能です。
 5.その他  ・サーバー側の言語変換、コンバージョンなど対応可能です。
 ・希少種3rdParty製品について、問合せが必要です。

  言語変更により、DB製品のバージョンアップやDB製品変更なども対応できます

  ソースコードの変換だけでなく、データベースのバージョンアップやマルチDB移植も対応可能です。
  ※一部変換は弊社「移行ツール群(WATM™)」を活用して、一括変換します。

  品質保証を重視しています

  弊社独自のやり方により、独自な変換ツールにより、できる限り手作業を避けるため、数回自動変換を実施する、かつ単体テストにも弊社独自の「PCLカバレッジ検証ツール」を利用した検証により、従来のやり方より品質向上できます。
  ※ 画面側のTypeScriptをカバレッジ実施したい場合、ご相談した上、弊社独自のPCLカバレッジ検証ツールにて実施いたします。(注意:追加見積が必要)
PCLカバレッジ検証ツール

  下記は非互換検証するためのサンプルです。

  弊社独自変換ツールを利用することより、旧新画面レイアウトはほぼ同じように変換できます。
  Flexと基本非互換差異により、レイアウトや操作性では多少差異が出ることを想定しています、下記はサンプルです。
非互換サンプル

<サービスの流れ>


移行診断は無償で行います。御社では、本格的に移行着手する前に概算見積をご確認いただけますので安心です。

サービスの流れ

タスク 内容
 1.棚卸し、見積提案
        
    ヒアリングシート、ソースコードをご提供いただき、ソース資産に対しての既存情報を抽出し、
    「移行インパクトの分析」「移行費用・期間」を提示いたします。
 2.調査・分析
        
    ・変換対象システムの詳細調査を実施します。
     (標準コンポーネンの調査、通信方式「サーバーサイト」の調査)
    ・ソース資産を解析・分析、潜在したリスク可視化し、対策など早期検討できる。
     かつ見積する際リスクを把握できる状態で見積を実施でき、次作業の移行計画も見えます。
    ※ 調査・分析作業は、弊社独自の資産分析ツールを利用いたします。
 3.移行設計・計画
    ・旧製品と移行先製品の差異を分析、自動変換観点ルール設計、作成、及び抽出する。
    ・新側代替製品は存在しない場合、ユーザと事前合意した上で、Angular標準コントロール
     に書換の設計を実施します。
    ・効率的、品質アップ、手作業避けるため、弊社保有ツールのカスタマイズする場合もあります。
    ・手作業修正観点ルール設計、作成、及び抽出する。
    ・次作業の体制、スケジュール明確化。
 4.変換(自動 / 手動)
        
    ・設計フェーズからの変換パータンベースで、自動変換、及び手動変換を実施します。
    ・変換後ソースの確認、チェックを行う。
    ※ 自動変換部分は、弊社独自変換ツールを利用いたします。
 5.テスト
  (PCLカバレッジ / 旧新比較)
        
    ・単体カバレッジテスト:手修正部分のPCLカバレッジ検証ツールにて実施。
     (一般的サーバー側のみ、TypeScriptにも実施希望である場合、追加見積が必要となります。)
    ・旧新比較テスト:ユーザ側のテスト仕様書ベースで、旧環境テストを実施した後、新環境の
     テストを実施します、最後テスト結果を比較します。
    ※ 単体テストは弊社独自「PCLカバレッジ検証ツール」を利用いたします。
    ※ 現新比較テストは弊社独自「RPA自動化テストサービス」利用可能です。
 6.総合テスト~ユーザテスト
  (総合、システムテストなど)
    ユーザ側の作業として、テストを実施したします。(総合テスト、システムテストなど)
    ※ ユーザテストからは弊社SES契約でサポートを提供いたします。
 7.その他
        
    マイグレーション作業後の保守、仕様追加、改修、及び必要なドキュメント作成はオプションサービスを提供いたします。
    ※ 追加作業、及び追加要件がある場合、追加見積が必要です。
    ※ ユーザ保守するため、弊社独自「ドキュメント生成ツール」を利用できます。
     (当作業は弊社の「OptionService」として、ユーザに提供いたします。)



自動化ツールが対応できるバージョン



  対応できるFlexバージョン
 1. 解析ツール  Flex2.0、Flex3.0、Flex4.0 (Flex2系、Flex3系、Flex4系)
 2. 変換ツール  Flex2.0、Flex3.0、Flex4.0 (Flex2系、Flex3系、Flex4系)
 3. テストツール  1.ホワイトボックス(PCLカバレッジツール)
 2.ブラックボックス
※ 移行先はAngularの最新バージョンまで対応できます。
※ 3rdParty製品は基本的対応できます。(詳しくは弊社までお問い合わせください。)
※ ユーザ独自コントロールやレアな3rdParty製品なども、弊社独自のやり方より、対応できるので、正確・効率的変換できるように事前ご相談ください。


実績情報



  対応件数
 1. Flex2.0 ⇒ Html(Angular)  4件ぐらい
 2. Flex3.0、Flex4.0 ⇒ Html(Angular)  12件ぐらい
※ 移行先はAngularの最新バージョンまで対応できます。
※ その他関連のOS、DBや3rdParty製品なども合わせて対応可能です。



お問い合わせ

 お電話やメールでのお問い合わせ
  管理部直通:03-5445-5519、開発部直通:03-5445-5947      E-mailの問合せE-mailの問合せ
  → 受付時間:平日10:00~18:00 (土日、祝日は休み)

  ※ WATM™ は弊社サービスの登録商標です。
    WATM™シリーズ は弊社独自「マイグレーションサービス群」を表現しています。

counter

Copyright © Wain Co., Ltd. All Rights Reserved.