企業情報 > 沿革
沿革
  1999年 株式会社 ウェイン設立(資本金1000万円)
  2000年 解析、移植、ローカライゼーションの受託を開始
NHK放送システム:OS/2 16ビットを32ビットに変換
全銀センター:UNIX通信制御(ICCP)機種変換 
OS/2からWindows NTへの変換、大型パッケージの日本語化 等の実績
  2000年 威英軟件(上海)有限公司を設立
上海に開発センターを開設し、一般業務システム開発のオフショア化を
進めるとともに、解析・移植ツールの研究開発を推進している。
金融、資金、経理、在庫業務等のシステム開発を受託
  2002年 解析・変換処理サービスの需要が高まり、幾多のツール開発
C, COBOL、Java、VB等の解析ツールの開発整備、
影響波及分析ツール開発整備、
テストツール開発、
移植(マイグレーション)ツール開発整備 等
  2004年 資本金を2,500万円に増資
Ada言語解析ツール開発・納品(国へ)、 PL/Ⅰ言語の解析ツール開発
  2005年 威英軟件(上海)有限公司、ISO9001認定される
  2006年 威英軟件(上海)有限公司、ハイテク技術企業認定される
  2007年 南通威英軟件有限公司を設立
エンベデッド(組込系)関連システム開発を充実
一般業務システム開発オフショア受入を充実
一般労働者派遣事業許可される
  2008年 システム開発要員が130名となる。(東京、上海、成都)
解析、変換・移植、影響波及分析処理業務の対象言語を拡大
中国市場のシステム開発が増加
平成20年7月4日に解析移植ツール群の商標登録を行った。
商標:WATM
登録番号:登録第5147333号
  2009年 上海企業競争力研究中心より「企業競争力50強」と認定される

プライバシーマーク使用許諾される  
  2011年 プライバシーマーク使用許諾された(更新)
  2014年 成都威英軟件有限公司を設立
エンベデッド(組込系)関連システム開発を充実
一般業務システム開発オフショア受入を充実
一般労働者派遣事業許可される

Copyright © Wain Co. Ltd. All Rights Reserved.